lacrema della umbra

作詩/魔夜
作曲/↑だ
歌/浅倉 桐

1.私はいつも 大空を飛んでく
  自由な鳥に 憧れてるけど

  願えばたぶん 虚しさだけが残ると
  言い聞かせ終るの だからこのまま眠らせて

  人は何故か 幸せ求めても 
  零れ落ちて 掴めなくてもがく

  だけど愛は 胸の奥にあるの
  私の影 包んでくれる…


2.何時かは夢が 小さな私を
  闇の中から 助けてくれると

  信じて待つの けして怖くはないけど
  辛すぎて涙が 溢れ出るから傍にいて

  人は何故か 涙を嫌うけど
  泣きたい時 我慢はしたくない

  愛がきっと 私を慰める
  だから人を 愛して生きる…