砂漠の雨 -Rain Falls In The Desert-

作詩・作曲/KanChan
編曲/↑だ

1.おもいでの中に生きている青い空に
  目を閉じた最期にまた逢えるでしょうか

  荒れ果てた熱の大地へと散った花は
  看取られず すさぶ風に消えてしまった

  有耶無耶な正論を 飲込む事も使命なの
  疑いは禁句だから・・・

  ひとつふたつ数になる 人の命はモノの数
  帰りたかったあの涙 今日も砂漠に降り注ぐ

2.傷跡をひけらかす事が理由になる
  哀しみの歴史だけがまわり巡る

  描かれたユメのシナリオはかきかえられ
  シアワセの結末には程遠いまま・・・

  力など及ばない 人恋しさは縛れない
  故郷はいつも胸に・・・

  雨の音が聞こえるか 爆音の闇の中から
  帰りたかったあの涙 乾きはしない永遠に