現実

作詩・作曲/KanChan
編曲/↑だ

1.僕は鳥になりたかった
  誰からも見下されない
  なのに僕は土のうえを
  這(は)い蹲(つくば)るケダモノ

  僕は雨にうたれながら
  灰色の空の下(した)
  野たれて生きている

  夢に急(せ)かされ
  崖の頂上(てっぺん)から
  つばさのない現実を
  思い知らされている

2.僕は花にあこがれてた
  誰からも好かれる花に
  だから僕は泣きたくても
  泣かない仮面つけた

  僕は空を仰ぎ見ながら
  夢なんて絵空事
  「気休めなの?」と訊(き)く

  夢で終わればいい事だってある
  侮(あなど)れない現実に
  僕は試されている

3.夢にあやされ甘えるよりも
  傷だらけの現実を
  僕は受けとめてゆこう